あなたの電話で救われる命があります。周りの方の「気づき」と速やかな相談・連絡が子どもの命を守り、保護者と家庭を支援することにつながります。虐待かもしれないと思ったら、ためらわず下記まで連絡ください。連絡は匿名で行えます。連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。

児童虐待とは

保護者等がその児童に身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、ネグレクト(育児放棄)を行うことです。 

身体的虐待

傷ややけどなど外傷の残る、またはその恐れのある暴行。首を絞めるなど、生命の危険のある暴行など

心理的虐待

言葉によるおどかしや脅迫、子どもを無視する、拒否的な態度をとる、など

性的虐待

子どもへの性交、性的行為の強要、性器を触ったり触らせたりする、ポルノの被写体にする、など

ネグレクト

食事を与えない、身体や環境をひどく不潔なままにする、家や車に子どもを残したまま外出する、など

児童虐待のサイン

・「子育のストレス」「子どもに当たってしまう」

・「大人の怒鳴り声が聞こえる」「子どもの激しい泣き声が頻繁に聞こえる」

・子どもに不自然な傷、痣がある、外に出されている、家に帰りたがらない、など

児童虐待(疑いを含む)についての連絡先・相談先

・児童相談所虐待対応ダイヤル TEL 189(無料・24時間対応)

・敦賀児童相談所       TEL 0770-25-0858

・敦賀市役所家庭児童相談室  TEL 0770-22-8223

・敦賀警察署         TEL 0770-25-0110

※児童に危険が差し迫っているときは、警察へ通報(110番)してください。

⇒「家庭児童相談室のご案内

⇒「厚生労働省 児童相談所虐待対応ダイヤル「189」チラシ

「体罰によらない子育てのために」

チラシ⇒ https://www.mhlw.go.jp/content/11920000/leaflet.pdf

リーフレット⇒ https://www.mhlw.go.jp/content/11920000/pamphlet.pdf