助成制度や各種手当てについて

幼児教育・保育の無償化

令和元年10月から3歳から5歳までの子どもと住民税非課税世帯の0歳から2歳を対象に幼児教育・保育の無償化が始まりました。  ⇒外部サイト「内閣府無償化」  ⇒資料「早わかり表」 幼稚園・保育園等 ※手続き不要 (幼稚園・保育園・認定こども園・地域型保育事業) ①3歳児から5歳児の子ども:保育料無償 ②住民税非課税世帯の […]

⇒詳細を表示する

敦賀市第1子出産応援手当

敦賀市では、結婚、妊娠期から子育て期までにわたる切れ目のない支援の一つとして、経済的準備が特に必要となる第1子の出産に対して、応援手当(10万円)を支給します。 支給対象者 次の(1)及び(2)に該当する方が対象となります。 (1)令和2年4月1日から令和5年3月31日までの間に生まれた敦賀市に住民登録がある同一の世帯 […]

⇒詳細を表示する

子どもの予防接種

敦賀市では、予防接種法に基づいた定期予防接種を実施しています。お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する免疫は、だんだんと自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防することが必要になりますが、そのお手伝いをしてくれるのが予防接種です。発育とともに外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能 […]

⇒詳細を表示する

不育症治療費の助成

敦賀市では、不育症治療を受けている夫婦の経済的負担を軽減するため、その治療費の一部を助成しています。 不育症とは 妊娠はするけれども、流産や死産、生後1週間以内の新生児死亡を繰り返し、結果的に子供を持てない場合を「不育症」と言います。普通の妊娠でも、流産は10から20%の確率で起こります。これらの約半数は偶発的な流産で […]

⇒詳細を表示する

すまいるFカードのご案内

すまいるFカード事業の終了について 福井県では、社会全体で妊娠・出産・子育てを応援する機運を醸成するため、令和3年10月1日に「ふく育」応援事業をスタートします。「ふく育」応援事業の実施に伴い、「すまいるFカード事業」および子育て情報サイト「ふくいエンゼルねっとプラス」は令和3年9月30日をもって終了しました。 「ふく […]

⇒詳細を表示する

子ども医療費助成制度

敦賀市では、子どもの保健の向上と福祉の増進を図るとともに、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るため、18歳以下のすべての子どもの医療費を助成しています。 対象者 敦賀市に住民登録があり、健康保険に加入している0歳から高校生相当(18歳年度末)までの子ども 申請方法 出生届(または転入届)提出時に、あわせて児童家庭課にてお […]

⇒詳細を表示する

風しんワクチン等接種費用の助成

妊婦さんを風しんから守り、先天性風しん症候群の予防を目的に、風しんワクチン等接種費用の一部助成を行います。 助成内容 対象となる方 敦賀市に住民票があることが必須です。  1. 妊娠を希望する女性で風しん抗体価が低い方 2. 風しん抗体価が低い妊婦さんの同居者 3. 妊娠を希望している女性の同居者で風しん抗体価が低い方 […]

⇒詳細を表示する

ひとり親家庭支援(高校生通学定期代補助制度)

敦賀市では、ひとり親家庭を対象に高校生の通学定期代の一部を補助しています。 対象者 敦賀市内に住所を有する、次のいずれかの世帯に該当するひとり親家庭の高校生の保護者。ただし、生活保護世帯は除きます。  (1) 児童扶養手当受給世帯  (2) 敦賀市母子家庭等医療費助成受給世帯 ※いずれも所得制限により、支給停止となって […]

⇒詳細を表示する

市立小・中学校の就学援助

1対象者 ・経済的理由によって就学困難と認められる敦賀市立小中学校生の保護者で、市が定める認定基準に該当する方 ・東日本大震災等の大規模災害が理由で避難し、やむを得ず転入されてきた敦賀市立小中学生の保護者で市が定める認定基準に該当する方 2申込時期 毎年4月(認定機関 4月から翌年3月まで)その後は随時受付(認定期間  […]

⇒詳細を表示する

母子・父子・寡婦福祉資金貸付制度のご案内

福井県では、ひとり親家庭および寡婦の方が経済的にお困りのとき、生活の安定と児童の健やかな育成を支援するため、各種資金の貸付を行っています。 貸付を受けられる方  次のいずれかに該当する方または団体が貸付を受けることができます。  (1) ひとり親家庭の母、父(配偶者のいない女子または男子で20歳未満の児童を扶養している […]

⇒詳細を表示する